ピーコルドアンとは

こんにちは!
P Cordan(ピーコルドアン)代表の加瀬です。

私は長年「靴を創る仕事」に携わっており
仕事で靴を創っていく中、
足がもたらす発育への影響、
また素材や製法など「足と靴の知識」を得ていく中、
”自分の子どもにはしっかり紐で結んで、足のために安心な革のよい靴を履かせたい”
と思い描いておりました。

そしてその会社を退職後、
靴の知識を更に深める為フランスに移住。
ヨーロッパでは子どもが日常的に
「紐の靴」を履いている姿を目にします。
フランスの靴屋さんのショーウィンドウにも
「革の紐靴」が沢山並んでおりました。
欧米では「赤ちゃんにはひも靴が最適だ」と考えられております。

日本では子どもが裸足でベビーカーに乗っている光景を目にしますが
ヨーロッパでは子供はみんな靴を履いていました。
「大人でも子どもでも外出時には靴を履く!」
という文化なのですね。


そしてフランスから日本に戻り、
結婚して自分も子供を持つ様になり、
いざ!つかまり立ち~!!
となった我が子に
「革の紐靴を履かせたい」
と都内の大手デパートに行くも
理想としていた靴に出会えなかったことを
今でもよく覚えております。

そして2人目を出産し
その子が歩き出す時期が来る頃
「やっぱり自分の子どもに革の紐靴を履かせたい!」
「無いなら自分で作ろう!」

と決心し、
「歩き初めの赤ちゃんにとって理想のな靴とは?」
「健やかな子供を育てる靴とは?」
と様々な研究と試行錯誤の末
念願の“プルミエ”を開発、
足育を考えたファーストシューズ専門店
「ピーコルドアン」が誕生いたしました。



~ ブランドポリシー ~

ピーコルドアンは ”足育” を応援し
”ファーストシューズ”に適した
子供の足の成長を考えた靴を届けます。

Cordoanはフランス語の古語で “靴屋・靴製造” の意味、
ブランドアイコンの動物は靴の材料である豚や牛等がモチーフ。
素材に感謝し、大切に使うことを忘れません。

ピーコルドアンの靴はすべて国産です。
(製造:タカラ製靴株式会社様/埼玉県春日部市)

~ 革にこだわります ~

「プルミエ」が革靴にこだわる理由、
その理由は”履き心地が良いから” です。

赤ちゃんは汗っかき。
革は呼吸しているので、汗を吸収し発散してくれます。

そんな身近な天然素材である革。 履けば履くほど足に馴染み、
歩きたてのつたない歩行を助けます。
また、お手入れしておけば何十年経っても靴はそのまま。
合成皮革のように経年劣化してボロボロになることはありません。
お子様が産まれて初めて履いた記念の一足を
ずっとしまっておいて、
成人式や結婚式のイベントに飾ってあげても素敵です。


歩み始めたお子様の靴を
大切な1足にしませんか。


ピーコルドアン 代表 加瀬 綾乃


[ホームに戻る]