プルミエの特徴

つかまり立ちや、2〜3歩と、少しづつ歩きはじめたお子さんをお持ちのママは

赤ちゃんの初めてのお靴選びでこんなお悩みはありませんか??

☑️お子さんが歩き始めたけれど何の靴を買えばいいかわからない!

☑️ママが履かせ易い靴を選ぶのが一番でしょう?

☑️足はどんどん大きくなっちゃうから大きめの靴を買えばいいよね?

☑️”足育”って時々耳にするけどどの靴を履かせればばいいの?

☑️初めてのお靴には一生の記念になるような素敵なお靴を履かせてあげたい!

 

安心してください、

そのお悩み、ピーコルドアンのプルミエで解決できちゃいます!

 

こんにちは^^

子どもの足の成長を考えた靴やさん

ピーコルドアンの 加瀬です。

 

私は今でこそ足と靴について学んでいますが

長男が小さい頃は足と靴への知識がなかったために

「小さいうちだし、

すぐにサイズも大きくなるし靴ならどれでもいいんでしょう?」

「とにかくかわいいのを履かせたい!」

と思っていました。 涙

 

それ以上に

産後の体調もなかなか戻らず、

お出かけのハードルがものすごく高かったです。

息子がつかまり立ちを楽しむようになってきて

初めての靴を買いに都内の百貨店で買いに行き、

店員さんに測ってもらいました。

(群馬から、お出かけも一大決心です。)

するとそれはもう、

この世の終わりのようにお店中に広がる大声で泣き叫び

笑顔の店員さんをバタバタ蹴り上げ、無理矢理どうにかサイズを測ってもらい

やっとのことで初めての靴を購入しました。

 

婦人靴メーカーで働いていた私は

初めての靴はヨーロッパのウインドウに並ぶような可愛い革の靴

を想像していました。

都内のデパートには素敵なベビー靴がたくさんあるんだろうな〜

という期待をして楽しみにしていたのです。

ですが実際はそういった革靴はなく、

購入したのは地元群馬にも売っているスポーツメーカーの靴でした。

 

そして、下の子が生まれ、

今度こそ初めての靴には革のかわいい靴を履かせてあげたい!

でも売っていないなら

『自分で作ろう!!』

 

それならば

☑️歩き出した赤ちゃんの足をきちんとサポートできる靴にしたい!

☑️欧米人のように真っすぐな足を目指せる靴にしたい!

☑️オシャレな柔らかい革靴でママにもお子さんにも一生の記念になる靴にしたい!

 

と ピーコルドアン を始めました。

(私は元々は婦人靴の企画・デザインをしていました^^)

 

そのために足と靴について学び始めました。

ドイツ人の整形外科靴マイスター

足靴専門外来をお持ちの整形外科の先生

30年に渡り子供靴の
カウンセリング・フィッティング行ってきた先生

技師装具士の先生の講師の方々から学んできました。

 

そしてありがたいことに

産前産後の女性のフィジカルケアを15年間

のべ2万5千人のママとベビーのケアをされている

銀座マミーサロン代表の是枝貴子さんとの出会いがあり

プルミエを見ていただいたところ
お靴の機能とデザインに共感してくださり、

12.5cm、13.0cm、13.5cmと3度のサイズアップしても
娘さんへプルミエを選んでくださっています。

 

そんな訳で下の子には ”足育” を学び
始めのお靴からきちんとカカトのしっかりした、
ハイカットの靴を選んで履かせていました。

すると3歳前には体幹が良いというか、

高さのある遊具に登ってもハラハラしない安定感で非常にバランスの良い動きをするのです。

 

歩き始めのお子さんは足首もまだグラグラと不安定です。

中カカトの芯のほぼない、
カカトの浅いスリッポンを履かせてしまっていた私。

兄弟でその違いは歴然です。(現在、体幹を取り戻すべく取り組み中でもあります!)

 

子育てのスタートは全ての体を支える足下の感覚から

 

ドイツ発の幼児教育法である

『シュタイナー教育』では、

触覚・・・外の世界を知り、自分自身を知る感覚。同時に外の世界と自分との境界線を感じる感覚

0〜3歳で成熟する、最初の感覚。

下→中→上と育てるため、下がきちんと育たないとその上に積み上げていくことはできない。

そのため下位感覚(触覚・生命感覚・運動感覚・平衡感覚)
が育たないことには健康な人になることは難しい。

とも言われています。

 

それほどに体の下位の感覚を育てることが大切で

その後の勉強や専門スポーツなどを含む

”知能” の発達にはまず

”体の下位の感覚を育てる” ことが必要不可欠なのです。

 

皆さんには私のように、

足がそんなに大事だったなんて、知らなかったよ〜!涙

という後悔をして欲しくない。

そんな思いから

 

2、3歩き始めたお子さまをお持ちのママパパへ

そして、

大切なお孫さんのはじめての靴には

良いものを履かせてあげたいと考えるおばあちゃんおじいちゃんへ。

この子どもの足の成長を考えた靴
ピーコルドアンのプルミエをおすすめいたします。

 

プルミエが歩き始めたばかりの赤ちゃんの足に良い理由

 

①紐結びである

スリッポンのような留め具のない靴はお子さまにはNGですが、

敢えてベルトタイプでないことにも理由があります。

それは ”足にぴたっと” 履くことができるからです。

 

初めて外を歩く靴だからこそ、靴はゆるゆる履くのではなく

ぴったりが気持よく歩けるという感覚を覚えて欲しいのです。

そのぴたっと靴を履くという感覚が後々の足へのトラブルを防ぐことにつながるのです。

 

②しっかり入ったカカト芯。

ピーコルドアンの靴には踵にしっかりと芯(カウンター芯と呼ばれます)が入っています。
踵は体全体の体重がかかる大切なところ。

踵を支えることで体全体の姿勢を保ち、正しい姿勢で歩くことを促します。

特に内側のカウンターを長めに設計しており、外反扁平足を起こしやすいカカトの内倒れを防ぎます。

 

くるぶしまで包むハイカットのデザイン

3歳頃までのお子さまは足首周りもまだ骨が柔らかくぐらつき易いです。

赤ちゃんのぐらぐらした足をまっすぐに支えるためには、

靴の丈がくるぶしぐらいまであるアンクル丈でしっかりホールドしてあげることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

③ファーストシューズ/ファーストステップシューズ2つの機能を兼ねたお靴です。

本来ファーストシューズは底のふにゃふにゃな室内履きのことを言いますが

プルミエの底は滑りにくい合成ゴム素材で

赤ちゃんの初めてのお外歩きのお靴にぴったりです。

まだまだ地面に近い裸足の感覚も教えたいこの頃。

歩く練習(ファーストシューズ)から、

上手に歩けるようになった

ファーストステップシューズを兼ねたお靴として

2つの役割で履いていただけます。

 

③本革製の靴です

足になじみやすい本革は赤ちゃんの足に適しています。

特に肌に触れる裏革と中敷には植物でなめしたブタの革を使用しており、赤ちゃんのお肌にも安全です。

豚の革は赤ちゃんの汗を吸収し、また発散し、さらっとしています。

何と言っても革の靴は履き心地が良いです♪

この革の感覚を初めのお靴から感覚的に感じてほしいです。

豚革は全て国産品。

東京都墨田区のタンナーさんが一枚ずつ丁寧になめした皮です。

 

また、初めてのお靴は一生の記念になるものです。

こちらはお客様からインスタグラムでご紹介いただいたお写真です。

素敵なインテリアにしてくださりありがとうございます!

これは本革だからこそなんです。

合成皮革だと、経年劣化でぽろぽろになってしまいます。

外国では ”ファーストシューズを玄関に飾ると幸せが舞い込む” という言い伝えもあります。

 

ご感想もいただきました。

マミーサロンの足育講座で紹介されてから、

その機能性とかわいさに夢中になりました。

足の骨がしっかり形成されていない赤ちゃんの歩行を

がっちりと支えてくれるので、とても安心できます。

歩きやすいのか、すぐに歩けるようになりましたよ^^

雨の日はちょっと無理だけど、

雨の日はガンガン散歩に行っています。

目指せ1日1キロ!


【ニックネーム】sao さま

 

ありがとうございます!

その後 saoさまからは

お久しぶりです♡この度は本当にお世話になりました。

内股だった娘もだいぶ脚軸が真っすぐになってきました。

かわいいお靴を飾るところまでイメージして

購入していたのでとても満足しています。

本当にありがとうございました。

またお出かけが増えることになったら注文したいです。

よろしくお願いします^^

とメッセージをいただきました。ありがとうございます!!

内股歩行気味だったのが治ってきたとのこと、

本当に良かったです。

多くの足のトラブルの多くは靴で改善されると言われます。

幼少の頃からのお靴は本当に大切です。

 

そしてこちら

ファーストステップシューズとしてご購入いただいたご感想です。

昨日まで◯◯のファーストシューズを履かせてたんですが、

歩きが全然違う!!

全然転ばない!!

感動レベル!!

動画もご紹介させていただきます。

 

上は昨日までのファーストシューズ。

下はプルミエを履いてくださった動画です。

歩幅も狭くなり、左右に体がぶれる感じがなくなり安定したのがわかると思います。

紐でしっかり固定し、カカトの芯で足を支えることで

綺麗な歩き方に導いていきます。

 

実はこちらのご感想はマミーサロンの是枝先生のお子さま。

詳しくはぜひブログを読んでみてくださいね^^

是枝先生のブログはこちら

ファーストステップシューズ!

子ども達の靴について

 

お靴選びにはサイズが重要です

 

プルミエは12cm/12.5cm/13cm/13.5cmの

4サイズをご用意しています。

ご出産祝いのプレゼントでしたら

歩き始めに余裕のある13cmをおすすめしています。

 

出生時に体が小さかったり大きかったりした場合は

ぜひご相談ください^^

 

メールでのサイズのご相談や

オンラインでの足測定も行っています。

 

☆ご自身で計測いただいた方は

下記のサイズガイドを参考に購入時に既に小さくないかどうかご確認ください。

☆実測で足長が約11.3cm〜12cmまで履いていただけます。

 

 

☆実測で足長が約12.3cm〜13cmまで履いていただけます。

この機会にぜひお子様の足を実際に測ってみてください^^

その際は赤ちゃんを立たせて、足の長さだけでなく横幅も測りましょう。

 

サイズがわからなくて不安なお客様は

お気軽にご相談お待ちしています。

 

◆素材

本体:牛革、真鍮(ハトメ)

内側:豚革

靴底:合成版

◆底の厚さ:3mm

履き口までの高さ(底を含まない):63mm

◆幅と長さ

サイズ12cm:インソールの横幅 約5.7cm、 長さ約12.7cm

サイズ13cm:インソールの横幅 約6cm、 長さ約13.7cm

 

 

※なくなり次第プレゼントは修了させて頂きます。ご了承くださいませ。

☆プルミエは中敷が剥がれない仕様です。

 

今なら、サイズ確認用に使える本革の「中敷しおり」をプレゼント♪

小さくなったかな?と思ったら、赤ちゃんを立たせて、足を乗せてサイズの確認をしてください。

赤ちゃんの靴は履けなくなった後も、記念に中敷しおりを愛用していただけます♪♪

 

 

お靴は全てギフトラッピングです

 

足育シューズであるプルミエ。

出産祝いや1歳のお誕生日のギフトにも選んでいただいています。

 

ピーコルドアンではギフトラッピングには対応していません。

というのも

お客さまへお送りするお靴は全て

オリジナル不織布入りのギフトラッピングの仕様です。

歩き始めのうちはお靴を持ち歩いて履かせることも多いですので

巾着はお靴入れとして使っていただければと思います。

 

 

環境を考えたピーコルドアンのパッケージ

 

ピーコルドアンの靴箱はとてもシンプルな折りたたみの箱を使用しています。

それは

箱の中のお靴に最大限のコストをかけているためです。

靴は革選びから製造まで、国内の工場でたくさんの行程を経て出来上がります。

箱にコストをかけるよりも少しでも良い材料で提供したい。

そして

環境を考え少しでも過剰包装をなくしたいという思いです。

また、カビや湿気から守るためにも

靴をしまっておいて欲しくないということも理由の1つです。

靴は本来通気性のよい所に置いてあげたいものです。

そのため、

頑丈な収納式の箱ではなく、

敢えて通気性の良いシンプルな箱を採用しています。

サイズアウト後はぜひインテリアとして置いてあげてくださいね^^

 

商品が到着したら

 

商品が到着したらすぐに履かせてみてサイズの確認をお願いします。

サイズの交換や返品は室内で試着のみの商品に限ります。

必ず到着より7日以内にご連絡ください。

(7日以上経ってからの返品交換は受付できません。)

 

どのサイズが合うか不安、というお客様は

ぜひお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

※この靴は天然皮革を使用しております。

色合いや質感が画像イメージと異なる場合がございます。

また、色落ちする場合がございますのでご容赦ください。