ファーストシューズ【プルミエ】

ファーストシューズに「プルミエ」が選ばれる理由

①紐結びである

歩き始めたお子様の足育を考え、
ファーストシューズの為に創り上げた
当店オリジナルブランド【プルミエ】


プルミエが紐靴な理由は
”足にぴたっと” 履くことができるからです。
靴はゆるゆる履くのではなく
ぴったりだと歩きやすいという足裏感覚

覚えて欲しい
のです。

その足裏感覚が
後々の足へのトラブルを防ぐことにつながります


②しっかり入ったカカト芯。

ピーコルドアンの靴には踵にしっかりと芯(カウンター芯と呼ばれます)が入っています。
踵は体全体の体重がかかる大切なところ。
踵を支えることで体全体の姿勢を保ち、
正しい姿勢で歩くことを促します。

特に内側のカウンターを長めに設計しており、
外反扁平足を起こしやすいカカトの内倒れを防ぎ
まっすぐできれいな足を育てます。

くるぶしまで包むハイカットのデザイン

3歳頃までのお子さまは
足首周りもまだ骨が柔らかくぐらつき易いです。
赤ちゃんのぐらぐらした足をまっすぐに支えるためには、
靴の丈がくるぶしぐらいまであるアンクル丈で
しっかりホールドしてあげることが大切です。

③ファーストシューズ/ファーストステップシューズ2つの機能を兼ねたお靴です。

本来ファーストシューズは
底のふにゃふにゃな室内履きのことを言いますが
プルミエの底は滑りにくい合成ゴム素材で
赤ちゃんの初めてのお外歩きのお靴にぴったりです。

まだまだ地面に近い裸足の感覚も教えたいこの頃。
歩く練習(ファーストシューズ)から、
上手に歩けるようになった(ファーストステップシューズ)
を兼ねたお靴として2つの役割で履いていただけます。


③本革製の靴です

足になじみやすい本革は赤ちゃんの足に適しています。
特に肌に触れる裏革と中敷には
植物でなめしたブタの革を使用しており、
赤ちゃんのお肌にも安全です。

豚の革は赤ちゃんの汗を吸収し、
また発散し、さらっとしています。
何と言っても革の靴は履き心地が良いです♪
この革の感覚を初めのお靴から感じてほしいです。

ライナーの豚革は全て国産品。
東京都墨田区のタンナーさんが
一枚ずつ丁寧になめした皮です。


④履き終えた後は・・・

初めてのお靴は一生の記念になるものです。
こちらはお客様のインスタグラムで
ご紹介いただいたお写真です。

素敵なインテリアにして飾ってくださりました♪
諸外国では ”ファーストシューズを玄関に飾ると幸せが舞い込む” 
という言い伝えもあります。

合成皮革だと、経年劣化でぽろぽろになってしまうのですが
これは本革だからこそできることなのです。


[ホームへ戻る]