推薦のメッセージ♪

産前産後のママとベビーのためのヘルスケアサロン「マミーサロン」主宰

是枝貴子さま よりご推薦いただきました♪♪

 

足育(あしいく)という言葉をご存じでしょうか。

「子どもの足を守り、健やかな成長を育む」という意味の造語です。

子どもの足は、軟骨成分が多く発育途中でとてもデリケート。

外的な圧力に弱く変形もしやすいため、サイズが合っていない靴を履き続けていると足が変形し、

全身の骨格や姿勢にまで悪影響を及ぼすこともあります。

ですから、ファーストシューズからの靴選びは慎重に行っていただきたいです。

靴の先進国であるドイツでは、子どもの靴でも、多くが「ひも靴」です。

これは、かかとが前後左右にずれないように、しっかりと固定されることが 大切だからです。

しかし、日本では文化的に靴の脱ぎ履きが多いですので、

家庭のみならず、 保育現場や学校現場でも脱ぎ履きの簡便さが重視される傾向があります。

そのため、「ひも」どころか留め具のないスポッと足を入れるだけの靴が好まれます。

本来、こういった靴は子どもの成長に合った靴ではなく、長じてのちの、足トラブルのもととなっ ている可能性があります。

そんなトラブルの芽を摘むためにも、保護者が子どもに合った靴を知り、選ぶ目を持つことが大切だと考えています。

そんななか、国産でなかなか機能性に優れた良い靴に巡り会えず奔走していた折、

出会ったのが「ピーコルドアン」のお靴でした。

ピーコルドアンのお靴は、柔らかい革製で歩き始めのお子さまの足にもぴったりとフィットします。

加えて、脱ぎ履きの簡便さ重視の靴が多い中、あえて留め具として固定力の優れている

「ひも」や「ターンバックベルト」を採用しているという点も素晴らしいです。

真剣に子どもの足の発達を考えて靴づくりをされているピーコルドアンのお靴。

そんな硬派なブランドポリシーにも共感し、

この度アンバサダーとして活動させていただく運びとなりました。

お子さまの歩き始めの大切な時期。

足育はピーコルドアンから始めませんか?

是枝貴子 Takako Koreeda/助産師、鍼灸師、カイロプラクター、フットケアトレーナーなど数多くの資格を保有し、産前産後の母子を中心に、月に200名以上の骨盤ケアや足育ケアに従事。これまでの施術実績は延べ20000人以上。
男の子と女の子の二児の子育て中のワーキングマザーでもあります♪♪

産前産後のママとベビーのためのヘルスケアサロン「マミーサロン」へはこちらから