“足育” と”子どもの足の基本”

“足育” とは

 

「子供の足を守り、健やかな成長を育む」

と言う意味の造語です。つまりは、

子供の足の成長に合わせた靴選びをしてあげることで、

健やかな足の成長を促し、足腰の丈夫なたくましい子供に育てよう!

ということなのです。

足は体の全てを支える土台です。

子供の足をしっかり育ててあげることで運動能力の高い、集中力のある子供になると言われています。

 

幼児期はその子の一生を作る時期。

特に、靴選びはとっても大切です。

 

幼児期に足に合った靴を履く”靴の感覚”は体の土台である足を正しく成長させます。

日本では生活の中で靴を脱ぎ履きすることが多いため、どうしても ”履かせるのが楽な靴”

を重視して靴が作られたり、購入されることが多いです。

ですが、脱ぎ履きの簡単な靴は同時に足をしっかり固定する機能が低いことが多いのです。

”足に合った靴の感覚” を知るためにはささっと靴を履く習慣ではなく、

 

時間をかけてもきちんと靴を履くことを身につけることが大切です。

 

それは、毎日の子供とのコミュニケーションの中で躾(しつけ)として教えてあげられることなのです。

お子様の可能性のたくさん詰まった”足”を大切に育ててあげたいですね♪♪

 

足から子育てを考えてみませんか?

子どもの足の基本

 

幼児の足のつくり

赤ちゃんの足はまだきちんとした骨ではなく ”軟骨” と脂肪でできています。

骨の数も大人より少なく、成長に従って

立つために必要な部分からカルシウムが沈着し骨になっていきます。

 

足のアーチについて

足の裏には3つのアーチがあります。

 

 

 

 

 

 

 

アーチは靱帯や筋肉で作られ、歩行時の衝撃を緩和させるバネのような役割をします。

このアーチは2,3歳頃から形成が始まり7~8歳で完成します。

  • 歩くことで足底に刺激を受ける
  • 足の筋肉組織を強化していく
  • アーチの正しい形が作られていく

アーチが崩れると・・・

外反母趾や偏平足などの原因になります。

また、アーチの形成が不十分だと転びやすい・疲れやすい・長時間の歩行がきつくなったりします。

現代の子供たちはこの土踏まずがほとんど無い

偏平足や横アーチの崩れによっておきる外反母趾が増えています。

 

 

たくさん歩く・たくさん遊ぶ!

ハイハイや、ヨチヨチ歩きを始めたら靴を履かせて足裏に刺激を与え、

アーチを育ててあげることが大切です。

そして歩けるようになったらたくさん歩き、たくさん遊びましょう!

一日に年齢×1km歩くのが理想です。

サイズ選びについて

成長の早い幼児期の靴を”どうせ大きくなるから”と

大きすぎるサイズを履かせないであげてください。

サイズの大きい靴では大人でも歩きにくいと思いますが、

子供も同じように靴の中で脱げないようにと指に力をいれるため、正しい歩行ができません。

また、サイズの小さい靴を履いていると靴の中で指の行き場が無くなり、足や指の変形につながります。

子供の足の成長に大切なのはそのときの最適なサイズの靴を選び、きちんと履かせてあげることです。

 

足長・足囲

足長は踵から一番長い指の端までの長さです。

足囲は足の親指と、小指の付け根にある骨の出っ張りをぐるりと囲ったサイズの事です。

上から見て、一番幅の広いところの横幅のことでウィズと呼ばれます。

 

ご購入の前にサイズを選ぶ

ぴったりのサイズを選ぶためにまずは足を測ってみましょう。

各商品ページにあるサイズガイドを参考にしてください。

  1. 購入時にはつま先に8mm~12mmのゆとりがあると良いです。
  2. また、横幅(ウィズ)がはみ出していないかもチェックしましょう。

☆プレゼント用に購入される場合はサイズガイドより既に足が大きくないか確認できるのが理想です。

難しい場合は大きめのサイズを選んでいただき、ちょうど良い時期にはいてもらうと良いですね♪

ちなみにP Cordoan企画の加瀬の長男は歩き始めが1歳三ヶ月過ぎており、遅いかな?と思いましたが

初めてのお靴は11.5cmでした。(体型は標準、準日本人です。ご参考にしてください。)

 

正しい靴の履き方

(1)ひもを緩め靴の履き口を大きく開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2) 踵を2、3回トントンして、靴と踵をぴったりつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)紐をきちんと結びます。

 

    正しい靴の履き方をすることで、

    足指に力が入るようになり

    踏ん張りのきく歩きができるようになります!